大学向けソフトウェア開発ベンチャー「ArkOak」 発足

信州大学繊維学部機能機械学科3年の長期実験実習にて、

機構学を学ぶ学生のための「機構シミュレータ」を開発。

ここで、ソフトウェア開発の楽しさを知りました。

 

また、大学生活において様々な先生の話を聞く中で、

大学向けの「教育支援ソフトウェア」「研究支援ソフトウェア」の需要の高さを実感してきました。

 

以上のことがきっかけとなり、信州大学SVBL(サテライトベンチャービジネスラボラトリ)の支援のもと、

2010年1月、大学向けソフトウェア開発ベンチャー「ArkOak」の発足に至りました。

 

ここでは、時折活動記録などを更新していく予定です。

学生発ベンチャーとして邁進して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)